■■■代表履歴■■■



藤牧 経乘 
ふじまき つねのり

1958年
東京生まれ。
1981年
大学卒業と同時にアメリカ・フィラデルフィアにある人間能力開発研究所(ドーマン法)へ留学
同研究所内の人間開発学校でスタッフとしてのトレーニングを始める。
同校の副校長になり、運動・社会優越プログラム作成の責任者となる。

1982年
マクロバイオテック(穀物菜食)と出会い独学で学び始める。
1984年
12月日本へ帰国。
福岡県春日市の保育園にて障害児担当として勤務。全国150名ほどの障害児の訓練指導にあたる。
また、各地の養護学校、盲学校、肢体不自由児施設、精神薄弱者施設、社会事業団体、大学等にて指導、講演を行う。

1988年
東京カイロプラクティック・カレッジ入学。
森下敬一先生の食事法、東条百合子先生の食事法を独学。

1990年
アメリカ・ボストンにあるウエズリー・カイロプラクテック・クリニックにてインターン研修の為渡米。
アプレジャー研究所主催「頭蓋仙骨療法治療Ⅰ」を受講。

1991年
帰国後、滋賀県にて脳障害児治療オフィス「いちばん星」設立。
大阪正食協会にてマクロバイオティックを学ぶ。
1993年
アメリカ留学。「頭蓋仙骨治療Ⅱ」「トラウマ・リリース・セラピー」を受講。

1994年
アメリカ・メイン州に移住。頭蓋仙骨療法治療とマクロバイオティック指導を開始。

1996年年~1999年毎年夏
アメリカ・ボストンのクシ・マクロバイオティック研究所の夏季特別講座に「頭蓋仙骨治療」の講師として参加。(~1999年まで)
アメリカ、日本各地の新生児、学習障害児、ADHD児、自閉症児、ダウン症児、
脳性まひ児等施設で「家庭で出来る手当て法:頭蓋仙骨治療」のワークショップ・治療活動を行う。

2000年
アメリカ・メイン州のセラピスト・ライセンスを取得。
ニューイングランド地方(マサチューセッツ州、コネチカット州、ニューハンプシャー州、メイン州、バーモント州、ロードアイランド州)の助産婦大会にて
「自然分娩の大切さ、出産に起こるトラウマの実態とその解放法」のワークショップを行う。
7月~2003年毎年夏、オランダで開催されるヨーロピアン・マクロバイオティック 夏季特別講座に
「頭蓋仙骨治療」の講師として参加。
ヨーロッパ各地(チェコ、オーストリア、ドイツ、ベルギー、オランダ)で頭蓋仙骨療法の治療及びワークショップを開催。

2004年
チェコ、レバノンで頭蓋仙骨療法の治療及びワークショップを開催。
2005年
福岡に拠点を移し『頭蓋仙骨機能快復研究所 たなこころ庵』設立。
頭蓋仙骨療法の治療と日本各地の医療従事者、助産婦、障害児施設向けワークショップや
子育て中のお母さん方への講演活動を行う。
福岡県・春日助産院にて産前産後のお母さんへのケア及び
新生児へのケアと講習会を行う。(2005年~2010年)
北九州市・なかむら産家医院にて産前産後のお母さんへのケア及び 新生児へのケアと講習会を行う(2005年~2009年)

2011年
障害児の成長・発達支援センター、『たなこころ庵』設立。
福岡県・水巻助産院にて産前産後のお母さんへのケア及び新生児へのケアと講習会を行う(2011年~2012年)
福岡水巻看護助産学校にて 非常勤講師として「頭蓋仙骨療法」を担当。
日本赤十字九州国際看護大学大学院にて
非常勤講師として 補完代替医療「頭蓋仙骨療法」 担当。
2013年

拠点を奈良・大阪に移し、頭蓋仙骨療法の治療 及び たなこころ庵式障害児の発達・成長療育活動を行なう。
社会福祉法人 そうそうの杜との 委託業務として
頭蓋仙骨療法の治療 及び たなこころ庵式 障害児の成長・発達療育活動を行なう。
頭蓋仙骨療法ワークショップ「助産婦専門コース」及び「一般コース」開設。